アスアール株式会社

再生エネルギー

太陽光発電は太陽光を太陽電池(太陽光パネル)を用いて直接的に電力に変換する発電方式です。
太陽光発電には以下の長所・短所があります。

長所

  • 光熱費を削減できる(電気料金が安くなる)
  • 余った電気を売電できる
  • 災害等で停電しても電気を使用できる
  • 経年劣化が緩やか(寿命が長い)
  • 設置場所を選ばない
  • 補助金制度がある

短所

  • 発電量は日射量に左右される
  • 発電量が不安定
  • パワーコンディショナなどの電気機器の交換が必要
  • 初期費用が高い
  • メンテナンス費用(保証期間内は無料)が発生する
  • 災害で壊れることがある
  • 売電価格が年々下がっている

太陽光発電の利用イメージ

  • ①太陽光パネル

    太陽の光を受けて、電気を作ります。

  • ②接続ユニット

    太陽光パネルからの配線を一本にまとめてパワーコンディショナに送る装置です。太陽光パネルに電気が逆流したり、一度に大きな電流が流れたりしないようにする機能をもっています。

  • ③パワーコンディショナ

    発電された直流電力を交流電力に変換し、システム全体の運転を自動管理します。
    ※接続箱機能を内蔵したタイプあり

  • ④売電・買電用メータ

    売却した電力(売電)量と、購入した電力(買電)量をそれぞれ表示します。

  • ⑤家庭用電気機器等

    家庭で使っている電気機器等です。

  • ⑥発電モニタ

    家のエネルギーチェックができます。

太陽光発電事業

 
太陽電池で作られた電気(直流)は、パワーコンディショナーでご家庭で利用できる電気(交流)に変換することができます。変換した電気は、1kw 決まった金額で電力会社へ売ることができます。
「固定価格買取制度(FIT=Feed In Tariff)」により、1kw契約時価格で20年間(長期間)、電力会社等へ買い取ってもらえます。
 
発電した電力量によって以下のような違いがあります。

[50KW以上]

  • 高圧電力として売電

  • 高圧受電設備のキュービクルが必要

  • 全量買取制度適用

  • 買取期間:20年間

  • 補助金なし

[50KW未満]

  • 低圧電力として売電

  • 高圧受電設備のキュービクルが不要

  • 全量買取制度適用

  • 買取期間:20年間

  • 補助金なし

[10KW未満]

  • 余剰電力買取制度適用

  • 買取期間:10年間

  • 補助金利用可能

余剰電力買取制度とは、太陽光発電設備で作られた電気のうち自家消費分を差し引いた余りの電力会社が買い取る制度です。

補助金はZEH(ゼッチ)併用または各市町村へお問い合わせください。

太陽光発電事業は、利回り商品です

当社では、300坪以上の遊休地を探しています。
計画、お見積もり、図面作成、各種申請代行施工、試験運転すべて承ります。

あなたも太陽光発電所オーナーになりませんか!!
お問い合わせはこちらまで

ゼロエネルギー住宅などに関するお問い合わせ先
アスアール株式会社